DIY

2024年1月 6日 (土)

ちょっこと燻製器

AMAZONで売ってるちょこっと燻製器を見かけてどんな感じになんだろ?欲しいな~3千円前後か~・・・??

これなら作れんじゃんね?っと思い作ってみました

Img_20240106_175004

ダイソーで買ってきた竹の皿と洗面所用ステンレスネット、あと雰囲気作りにチップを入れる缶

竹皿にφ40の穴をあけて工作終了

Img_20240106_175053

ウイスキーを入れたグラスにセットして桜チップを一つまみネットに入れる

Img_20240106_175122  

バーナーでチップをあぶって・・・写真を撮りながらやってたら違う場所をあぶって焦がした(*ノωノ)ハズカシー

まぁいいか、んで煙が出てきたら

Img_20240106_175142

これまたダイソー(?)で買ってたシリコンの蓋をして

Img_20240106_175229

ウイスキーに煙が落ちてるのでしばしおさまるのを待つ

煙臭いウイスキー好きにはいいと思います

チーズ、ナッツもやってみましたがこっちはいまいち香りがあるようなないような・・・ん~

熱を加えてないのでサーモンの刺身で燻製サーモンとかやってみてもいいかも?

手持ちが色々あったので新たに買ったのは竹皿とネット、2つ220円で実験できてたので満足

2021年4月29日 (木)

3Dプリンタで糸止め

気軽に釣りに行きづらい世の中になってきましたがちょっとDIY

リール用の糸止めを3Dプリンタで作ってみました

Ws000002

Dsc03477

使い方は印刷してできたこれに糸を止めて

Dsc03478

巻き取ればOK(リールもそろそろ新しいものを買わないとぼろぼろになってきてるな~)

市販品で同じようなものを売ってますがよく無くすので自作してみました

Dsc03479

1つの印刷に3分くらいで材料費は数円なので無くしてもまた作ればOK

 

2018年8月16日 (木)

竿修理

去年の年末に壊れた竿

Dsc02714
 
修理すべく妙典のそばにある宝釣具センターへ行ってガイドを買ってきました。
Dsc02836
壊れたガイドを持って行ってこれと似たのを下さいと言って出してもたったのが
270円のこれと、890円の高級品
安いほうでいいです(`・ω・´)ってことを伝えて買ってきた
初めてこの釣具屋さんに来たけどガイドやら竿づくりの材料がいっぱいあっていい店でした。
 
Dsc02837
取り合えず元の糸をはがして、隙間があるけど気にしない(;´Д`)
黒の漆を塗って乾かしてその上にエポキシを塗って
 
Dsc02839
竿をぐるぐる装置につけて乾かす
 
Dsc02838
まぁこんなもんでしょう。

2017年1月 3日 (火)

暇つぶし

あけましておめでとうございます。

 
正月も3日となると暇して来たので腕時計のベルトを作ってみたいと思います。
 
Dsc02226
十数年使ってる腕時計
ベルトは何度も交換してますが今年はベルトを自作してみたいと思います。
 
Dsc02227
材料はこの2つだけ
20mm巾の織りゴムとゴムパッチン20mm用
本当は18mmがほしいけどゴムパッチンが20mmのしたが15mmになっちゃうので妥協
年末に近所の手芸店で購入
 
Dsc02228
作り方は簡単
適当に手首より長めに切ってから少しずつぴったりになるまで短くするだけ
なんどか通し直ししてたら毛羽立ってきた(´・ω・`)・・・
 
Dsc02229
製作時間約3分
暇つぶしにもならなぁぁぁぁぁい
 
Dsc02230
手首に通すだけでいいので結構便利
織りゴムは色も種類があるので買ってくれば気分でベルトの交換も簡単
 
今年もよろしくお願いします(`・ω・´)

2016年8月 6日 (土)

ダヴィンチ jr. 1.0 修理

ダヴィンチ jr. 1.0 からフィラメントが出なくなりました。

どうも故障したようです(ノД`)シクシク
メーカーに送って修理してもらおうかと考えてメーカの修理ページをみたら
だいたい2万くらいかかるみたい(´・ω・`)
 
まぁほぼ、人件費なのはわかるが高い・・・
 
※ここから保証がきかなくなる、自己責任の話です。
 
っということで大体壊れる箇所はわかってるので自分で修理しようと思います。
壊れてるというかフィラメントが滑って送られてないようなので送り部分を見てみます。
 
一応、出てこないけどアンロードフィラメントを最初にやっておく
 
さて分解手順
っの前に今回使用する工具
01
ピンセット、ニッパー、特殊ドライバ、タイラップ
 
02
特殊ドライバは六角星型のT9ってのを使いました。
 
03
まずはチューブが入ってる金具の黒い根元を押しながら引き抜いて
 
04
反対側も同じように抜く
 
05
次に裏面のねじを2か所外す
 
06
蓋は後ろにスライドすれば取れます
 
07_2
前カバーを外す
ねじは4か所
爪が黒いのはぶつけて中に血豆?が・・・
4か月で根元から徐々に移動してきたもうちょいで出てくる
 
08
次は左側のカバーを外す
ねじは2か所
 
25
最初からヒビが入ってた( ´・ω・)
反対側も入ってるので横のプラ部分を持った時にやっちまったか?
でも構造的に持ち運びはプラを持つようになってるように見えるんだが・・・?
 
09
気を取りなおしてどんどん外していきます
底側に爪4か所あるのでこの部分を押してカバーを外す
 
10
カバーを外すと前方にねじがあるのでこれを外す1本
 
11
上側のねじも外す1本
 
12
そうすると前の柱が取れます。
 13
やっと見えてきました
故障個所
 
15
ねじ4本とケーブルを引っこ抜く、切らないように注意
 
16
カバーが外れた、黒いのはフィラメント
 
17
でここが原因の箇所
ここで滑ってたみたいです。
ギアの溝がすりてってというよりフィラメントに負けて変形してる
 
18
詰まってたフィラメントを取り出した
ギアを交換したいところです、オリジナルでしょうかね?
諦めました。
あとレバー部分がでこすれて黒くなってた部分があったのでそこへグリスを塗布しておいた
 
さて、組み立て
 
20
まずはこっちのケーブル側を線を切らないように抜いて
 
21
こちら側のコネクタに先にさす
ちなみに、このケーブルはロータリエンコーダの読み取り部
つなげずに使ったらフィラメントの残量データが合わなくなる???
 
22
ケーブルを穴に通してカバーをねじ止め
 
23
ケーブルの反対側も元の位置に頑張って差し込む
 
24
ケーブルは溝に入れてタイラップで固定
 
あとは逆の手順で組み立てる
 
26
通常通りにフィラメントを通して
 
27
ロードして
 
28
ノズルからフィラメントが出てくれば修理完了
ヽ( ・∀・)ノ
 

2016年1月 1日 (金)

自作リアボックス

年末年始を使ってスクーター用のリアボックスを作ってみた

 
Dsc01740
両端には安全を考えて反射テープを貼った
 
Dsc01743
ヘルメットを入れても余裕の大容量
あとはスクーターに積んで強度が大丈夫か実験しないと

2015年2月21日 (土)

炭酸水 自作

普段から炭酸水の消費が多いので自作できないかと検索してみたら

意外とみなさん自作をされてる
ミドボンとクエン酸と重曹を混ぜる方法が一般的みたい
ミドボンはハードルが高いのでクエン酸+重曹でやってみようと思う
ただクエン酸+重曹だと塩が精製されてしまうので味が・・・
ってことでニコニコ動画でクエン酸と重曹から二酸化炭素だけを取り出して炭酸水を作る方法があったのでまねした
Dsc00896
ってことポチッちゃいました
買った物
6mm耐圧チューブ 2m
マイクロカプラソケット 2個
マイクロカプラプラグ 2個
プレッシャーゲージ 1個
送料込みで約6000円かかった
足りないもの
ワンタッチ継手ってのを買い忘れたけどまぁ買ったもので代用できるのでOK
Dsc00897
これがソケットとプラグ
 
Dsc00899
合体
 
Dsc00901
完成
 
Dsc00902
炭酸水のペットボトルをつなげてこれでいける
片側のほうへクエン酸と重曹と入れて水をいれ炭酸を発生
もう片方へ水を入れて発生した炭酸を溶かし込む
飲むほうのペットボトルに入れる水は半分くらいにしておいたほうが良いみたい
 
Dsc00903
クエン酸と重曹を入れて炭酸を発生させた
たらよく振って炭酸を溶かす
 
Dsc00905
一晩たちました
 
Dsc00906
おお、ちゃんと炭酸水になった
実験結果から
買わなくてもよかったもの
プレッシャーゲージ
プラグ 2個→1個
耐圧チューブ 2m→0.5m
足りんもの
ワンタッチ継手
これを再計算すると3500円くらいでいけた

2015年1月 4日 (日)

バッテリ内蔵 自作竿パート2

正月から竿いぢり(;´Д`)

前に作った けど、移動中の船の振動で壊れてしまった しまった電池内蔵竿

またまた作りました。
前回は18650電池3本だったけどすぐにバッテリアラームが出てしまったので
今回は4本仕様
 
Simgp3019
全長80cm +穂先部分←こっちも前回は柔らかすぎと周りのおっちゃん達から指摘をもらってので手持ちの中で一番硬い穂先がつくように製作
 
Simgp3020
電源ケーブルはちょっと細めで作成
前回の反省もふまえ接点はゴニョゴニョっと強化&壊れても修正しやすいように改良
 
Simgp3021
電池の接点部分は前回と同じ100均のLEDライトを流用
さてこれでヤリイカに行きたいな(`・ω・´)b

2014年7月11日 (金)

バッテリーその4 電池追加購入&放電実験

前回、一個だけ18650電池の電圧が低かったのでこれがだめなのか?

放電実験をしてみた

満充電して3Ωの抵抗で約1.2Aを流して3.5V以下になるまでの時間を計測

Simgp7190
まずはナンバリング

Dが前回電圧が低かったもの

Simgp7192

追加で6本購入、3.7V 4000mAhの容量アップ
値段は2本で555円ぜったいあやしいwww(赤は1本480円)

5分おきに電圧を測ってグラフ化してみた

0分は無負荷時の電圧
Ws000003


Ws000004

あれ?Dまともじゃねーか
黒は思ったとおり赤より悪い

このデータを元に3本組を作っておけばいいかな?

あとでわかったんだけどDは自己放電が大きいのか?ほかの電池に比べて終了後
負荷をはずしたときに電圧が戻らなかった

2014年6月29日 (日)

バッテリーその3 バッテリ内蔵竿

前回作った外付けバッテリー は結局実地試験はしなかったけど・・・

01
竿のグリップに電池を仕込んでみようと考えカーボンパイプをネットで注文
電池はφ18なので内寸φ18のものと買って中に電池を入れてみよと考えた

02
う”っ、あとちょっとが入らない

03
ドリルの先に紙やすりを挟んだ割り箸をつけて

04
パイプの中を削ってみたけどいまいち時間がかかりそうで断念(;´ω`A

05
うーん、どうするか悩んで・・・ピコーン( ・∀・)ひらめいた

使ってない古い竿が使えるかもっと引っ張り出してきた
のべ竿がちょどよさそう

06

電池の電極は100均のライトを使用

07
こいつもピッタリだった

08
なんとか試行錯誤して電極を取り付けて竿の先から線を引っ張り出した

09
できた

10
握り糸を適当に巻いて完成(*´ω`*)

11

電動リールをつけてみた

12
竿尻から電池を入れて

13
おっしゃ、電源入った(`・ω・´)

あとは糸をウレタンなどで固めればOK

より以前の記事一覧